FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


2010年にヤラないといけないSEO対策

新年明けましておめでとう御座居ます

2010年の年頭におきまして、本年の抱負を表明したいと思います。

昨年来、SEO対策に苦慮しておりますが

正月休みを利用して、数冊ノウハウ本を読みあさり

やらねばならないことが明確になってきました

特別重要なのは、ズバリ TITLEタグの使い方


検索エンジン最適化で、検索エンジンに認識してもらう為のテキストの重要ポイントは

ズバリ【TITLEタグ】である事が、明確であり
見逃してはいけない第一のポイントです。

ここに、キーワードを散りばめたキャッチをしっかり書きこむことからまず始めます。

通常、検索エンジンに認識されるまでには,かなりの確率で日数がかかりますので
あとはじっくり待つしかない、これも参考書からの教えです

なかなか,じれったい話ですが...
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。)

悪徳SEO対策業者の罠にかかるな

今年もあと数日で終わってしまいますね。

何ができたか、何ができなかったか・・・・・

考えてみると、出来無かったことの方が圧倒的に多いです
反省・反省

 それでは、本題のほうですが、この12月は、本当にSEO対策業者さんからの電話がとても多かったような気がします。

何でだろうと考えてみました、、、

・その1
  長引く不況で、クライアントさんが激減した(お金が取れなくなった)
・その2
  検索エンジン最適化に対する考え方・捉え方がユーザー側で変化してきている
・その3
  SEO対策業者の、過度な増加

色々考えてみたのですが、ハッキリ言ってわかりません

 そこで、私なりにSEOは、本当に必要なのか・考えてみました

確かに、検索エンジン最適化(SEO)は大切なこと

しかしながら、検索エンジン最適化をして、来訪者が増えたところで、その恩恵はあるのか?

例えば、ショッピングサイトなどでしたら来訪者が大いに越したことはない
そこで最大の問題となるのが、検索キーワードの選択、これが本当の肝

結論、
 検索キーワードの選定をしっかりする
 キーワードを絞って、検索エンジン最適化を施していく
 
 検索回数の少ないキーワードでの上位表示は割と簡単にできてしまう
 よって、検索エンジン最適化(SEO)は業者任せにせず自分でやる。

 まずは、スモールキーワードから入って、少しずつビックキーワードへと挑戦していく

 
 そもそも、検索エンジンは検索するユーザーに対して有益な情報提供を常に考えている
 だから、サイト運営していくには、何でもかんでも詰め込んでは逆効果になる

悪徳SEO対策業者の罠にかからないように、自己防衛策はもっていないといけない!!
 
 


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。)

SEO対策するために独自ドメインは、とても大切な要素です。

複数のサイトを運営する時に、無料のサーバーを使うのも一つの手段ですが

問題があると思います、、、

何かと言いますと


そこには必ず http://●●●.fc2.com等のいかにもレンタルです的な表示がされている事です。

本気でやるのなら、多少の投資は必要だと思います。

SEO対策的にも、YahooやGoogleなどの検索エンジンにも評価が高くなっている事は自ら体験しています。


今、私はロリポップレンタルサーバーで独自ドメインのホームページをやっているんですが、今になって多少の物足りなさを感じています。

それが何かと言いますと、一つのドメインでしか運用できない事(もちろんサブドメインという形での運用は可能)

Googleウェブマスターで調べたところ、サブドメインというのはオリジナルドメインの下にフォルダが作られて表面上ドメイン名と成っているだけなので、あくまでもドメインの中に含まれているという事です。

ここで何が問題かと言いますと、検索エンジンに高い評価をしてもらうには
 ・ある物事についての記述が十分にあり
 ・あるキーワードに対する必要な情報がある
 ・ほかの複数あるサイト情報と画一性がある(いわゆるコピーサイトではない)
 等の事が挙げられます。

しかし、サブドメインという形でサイトを作っていくと、オリジナルドメインの下のフォルダにサイトを増やしていっているだけなので、検索エンジンから診ると【このサイトには画一性がない】【統一性のないごちゃごちゃサイトだ】という事になりかねない状況があるようです。

これから、サイト運営を真剣に考えている方は、私のような間違った選択をしないでいただきたいと思います。
安いのには、それなりの理由があるという事をよく考えなくては選択の誤りをしかねないですね!


私がこれからやろうとしている事、それはレンタルサーバーの引っ越しです
結構大変な作業になると思いますが、仕方ないですね


当然その経験をしてみないとわからなっかた事なので致し方ありませんが。。。

heteml(ヘテムル) 』は、大容量・高機能のレンタルサーバー。
国内最大級の個人向けホスティングサービス『ロリポップ!レンタルサーバー』を運営する株式会社 paperboy&co. の提供するサービスです。


ディスク容量は 10GB の大容量。Flash、音楽、ムービーファイル等をふんだんに使って、自由に WEBサイトを表現することが可能です。


また、『 ヘテムル 』は容量だけではなく、機能面もたいへん充実しています。Perl、Ruby、Python、PHP5、MySQL5 など豊富な開発言語に対応しているほか、マルチドメイン、マルチデータベース、共有SSLなど、サイト運営に大変便利な機能や、FlashMediaServer、ColdFusionなど他にはないユニークな機能を搭載。ブログ構築ツールとしてはおなじみの WordPress や簡単にコミュニティサイトを構築できる XOOPS などにももちろん対応しています。


ヘテムル 』なら、WEBサイトをハイレベルに表現し、ストレスなく運用することができます。



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。)

サイトマップを送信して検索エンジンにホームページの内容を伝えるSEO対策

検索エンジンにホームページの内容をすべて伝えることが可能?

Google検索エンジンに、サイトマップを送信しておくとホームページの深い階層までインデックスしてもらえます。

Google ウェブマスターというツールを使うと、自分のサイトを簡単に管理することが出来ます。
事前に、Googleアカウントを取得しておくことが必要になりますが、登録は無料です。

また、Googleウェブマスターのページから、サイトマップ作成ツール(サードパーティ)へのリンクもありますが、ほとんど英語版なので英語が苦手な私には操作不能でした。

このサイトの、サイドにもサイトマップ作成ツールが用意してあるのですがサブドメインなどのサイトマップ作製には不向きでしたので、このサイトを紹介します。


Googleサイトマップsitemap.xmlやYahoo!向けのフィード、モバイルサイトマップを作成する自動生成ツールです

実際に使ってみましたら、ほかのツールで2つしかインデックスされなかった私の別サイトも250ものインデックスが作成されました。

但し、サイトマップを作成してダウンロードしたのちにFTTPソフトなどで、サイトのルート直下にアップロードしてから、先に紹介したGoogleウェブマスターツールにログインしてサイトマップの送信をしていただく手続きが必要になります。

やってみて思ったことは、Googleウェブマスターというツールは、
1.無料で使えるのにものすごく多機能である事
2.客観的に自分のサイトを見る事が出来る事
3.Googleウェブ検索でキーワード順位が一目でとらえることが出来る事

その他、すごく気に入っています

YahooもいいけどGoogleのほうが私個人的には大好きです。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。)

検索エンジン、巡回ロボットがインデックスした日付を表示する無料ツールの紹介

検索エンジンの巡回を確認するツールの紹介 (ボットチェカー)

ホームページやブログを作成しても、なかなかアクセスを集めることができないのは、もしかすると、検索エンジンにインデックスされていない可能性があります。

 

そんな不安を解消してくれるツールの紹介です

 

その名は、ボットチェカー、サイトに飛んでurlを入力することで簡単に、検索ロボット・クローラーが彼方のサイトに訪れた最終日付を確認することができます。

また、HTMLコードも生成してくれるのでそのままコピー&ペーストでサイトに設置が可能です。

ボットチェカーは、3種類ありまして

Yahoo(ヤフー)ボットチェカー

MSN(マイクロソフト系)ボットチェカー

Google(グーグル)ボットチェカー

です。

 

私の、ドロップシッピングサイトも 案の定MSNの巡回ロボットがまだクロールしていないことが判明しました。

検索・アクセスが伸び悩んでいる方は、チェックが必要

かも

ボットチェカー=巡回ロボットが、インデックスしてくれた日を確認することができます

 



Googleボットチェッカー
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。)
検索フォーム
i2i アクセスランキング
お勧め情報
エアロバイク 通販
もしもドロップシッピング
被リンクが増えるツール
オリジナルドメイン
.com .jp等格安
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
免責事項
当サイトの掲載内容については細心の注意を払っておりますが、掲載された内容の誤り、および掲載された情報で発生したトラブル、損失、損害に対して、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。
フリーエリア
最新記事

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。